位牌について

位牌について

お位牌とは中国の儒教で官位を表すために用いた木札が源流のようです。日本には鎌倉時代に禅宗と共に伝わりました。お位牌は先祖の霊の「よりしろ」であり、子孫が先祖を追善する対象物として御本尊同様大切にされています。

浄土真宗では教義上お位牌を用いません。これは子孫が先祖を追善供養しなくても、皆極楽浄土で往生されているという考えからです。(浄土真宗では法名を法名軸か過去帳に記入します)

位牌イメージ

お位牌の種類

お位牌にはたくさんの形状があります。通常、皇族や寺のご住職などのお位牌以外は宗派を問いません。初めてつくられる場合は亡き方のイメージや好み、ご予算に応じてお選びになっても良いでしょう。すでにお仏壇の中にご先祖のお位牌が有る場合、大きさ、形を統一されるとお仏壇の中がすっきりします。最近では現代仏壇の普及によりシンプルな形のお位牌がつくられるようになりました。代表的なお位牌の形を掲載しましたので参考にして下さい。

  • 三重座
  • 千倉座
  • 楼門形
  • 五重座
  • 三重座 千倉座 楼門形 五重座
  • 春日形
  • 唐木蓮華付春日
  • 五重座(繰出位牌)
  • 春日形 唐木蓮華付春日 五重座(繰出位牌)
  • アンタレス
  • ペルセウス
  • ソウルズ
  • スピリッツ
  • アンタレス ペルセウス ソウルズ スピリッツ

お位牌の整理の仕方

お仏壇の中にたくさんのお位牌を祀られているご家庭をよく見ます。中には江戸時代の年号が記載されている事も多々あります。お仏壇に入るお位牌の数には限界があります。一般的には50回忌を迎えたお位牌はお仏壇から出し、お寺に預けると言われています。(100回忌の場合やお寺で預かっていただけない場合もあります)この時に繰出位牌や先祖代々のお位牌を作られます。

繰出位牌 お位牌の中に10枚前後の板が入っており、その板に戒名を書きます。繰出位牌ひとつに10名前後の戒名を書き込めます。
先祖代々のお位牌 ご先祖のお位牌をお仏壇から出された場合、ご先祖全てをひとつのお位牌に集約するのが、先祖代々のお位牌です。繰出位牌と違うのは戒名を書き込まないところです。この場合、過去帳にご先祖の戒名を記入しておけば良いでしょう。先祖代々の記入の仕方は色々ですが、「○○家先祖代々之霊位」「○○家先祖代々各霊菩提」が多いようです。先祖代々のお位牌の大きさは、お仏壇の中で一番大きくなるようにするのが通例です。

お位牌についてのご注意

1. お位牌には魂が入っていると考えられています。その為お仏壇から出す時(家から持ち出す時)はお寺様に魂抜きのお経をお願いしなければなりません。もちろん新しいお位牌をつくられれば魂入れのお経も同様です。先祖代々のお位牌をつくられる場合は、お寺様に一度ご相談されることをお勧めします。

2. お位牌に戒名を記入する場合、一つ一つの文字に大切な意味がありますので、文字の間違いに注意して下さい。文字によっては旧漢字を使われる事も有りますので確認下さい。一度彫りますと彫り直しは出来ません、必ず紙に記入した物を持参されることをお奨めします。お位牌ご注文書をご利用下さい。

記入フォーマット書類へ
前のページに戻る

丸三仏壇のホームページへ