知っておきたい仏事のまめ知識

法要の流れ

法要の流れ

お彼岸とお盆の法要

お彼岸法要

◇お彼岸

 春の彼岸は春分の日を中日に、秋は秋分の日を中日に前後3日間を合わせて、合計7日間おこなわれます。中日は昼夜の長さが等しく、太陽が真東から出て真西へ入ります。この日に夕日を拝むと浄土(=彼岸)の東門を拝むことになると言われるところから、こういう時期にこそ浄土にいる先祖をしのび、また自分達も彼岸へ到達できるようご供養しようというのが、お彼岸の法要なのです。

◇お彼岸のご供養

  • ◎できるだけ家族そろってお墓参りしましょう。墓石をきれいに洗い、お墓の周囲も掃除して花や線香をたむけ、お菓子などもお供えします。
  • ◎家庭では仏壇を掃除し、新しい花、それに牡丹餅・お萩、お彼岸団子などをお供えします。
  • ◎お彼岸の期間中、菩提寺では彼岸法要がおこなわれます。ぜひ、参加しましょう。また、お寺にお渡しするお布施を用意しておきましょう。

お盆法要

◇お盆

 現在、日本各地でおこなわれるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています(※浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません)日本のお盆は祖先の霊と一緒に過ごす期間なのです。

◇お盆の期間

 明治以前は7月15日を中心に、13日/迎え盆、16日/送り盆という日程でしたが、現在では8月15日を中心に、13日/迎え盆、16日/送り盆となっています。明治になって新暦が採用されると、7月15日では、当時国民の8割を占めていた農家の人達にとって、もっとも忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったからです。それでお盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご先祖様の供養ができるようにしたわけです。

お盆の行事

13日朝
「精霊棚」(盆棚)をつくります。ご先祖さまの霊を迎える精霊棚は、位牌を安置し、お供え物(砂糖菓子/果物/そうめん/お団子などが定番)をする棚です。また、なすやきゅうりで牛や馬の形を作りお供えします。これは先祖の霊を乗せるためです。
夕方/夜
「精霊迎え」(菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎える)をします。 この時に「迎え火」をし、霊が迷わず帰ってこられるようにお墓や川端で火を焚きます。
16日
盆の終わり(「送り盆」)には、「送り火」を焚き、祖先の霊を送り出します。(「精霊送り」) 京都の大文字などはこの行事の一貫です。

年忌法要の準備

日 時 正しくは故人の命日ですが、都合で変更しなければいけない時は命日よりも遅くならないようにしましょう。
場 所 自宅や菩提寺が多いようです。自宅でおこなうときは、お仏壇を掃除し仏具も揃え、線香、ロウソク、お花などを準備しておきます。もちろんお墓も掃除しておきます。
連 絡 寺に連絡をして日時などの相談をする際、塔婆も用意していただくようあらかじめ頼んでおきましょう。(浄土真宗以外)
お布施 塔婆料とお布施も準備しておきます。

鎌倉新書「知っておきたい仏具のこころえ」より

丸三仏壇のホームページへ