カタログを請求する お問い合わせフォームへ 丸三仏壇店へメールする

商品一覧

金仏壇の製造工程

〜京仏壇・京仏具は国の伝統的工芸品に指定されています〜

今日仏壇の出来るまで

木地作成の様子

■ 木地

厳選された木材で仏壇の本体を作ります。

屋根作成の様子

■ 屋根

こまかい部品を手仕事で作り、各々組立式に屋根を作ります。

彫刻の様子

■ 木彫刻

図柄を選定し、桧、松などの木材に、のみ、小刀にて手彫りします。

漆塗の様子

■ 漆塗

型作られた木地の上に下地加工したのち、 天然精製うるしにて手塗りします。

蝋色の様子

■ 蝋色

うるし塗の表面を平らに研ぎ磨いて光沢を出すなど仕上げ加工します。

純金箔押の様子

■ 純金箔押

天然精製箔押うるしにて純金箔を1枚ずつ張り、またはその上に金粉を施します。

錺金具作成の様子

■ 錺金具

蝋色加工した上に漆などで下絵を描き、その上に金粉、銀粉、貝などを蒔き、さらに加筆または研出します。

蒔絵の様子

■ 蒔絵

蝋色加工した上に漆などで下絵を描き、その上に金粉、銀粉、貝などを蒔き、さらに加筆または研出します。

彩色の様子

■ 彩色

金粉、顔料、絵具などにて金箔の上に加工し、または直接下地造りの上に加工します。

総合組立の様子

■ 総合組立

各工程の完了したものを一ヵ所に集め、総合的に最終組立てをします。

京都府仏具協同組合発行冊子参照

このページの先頭へ戻る