こだわりと特徴

銘木について

銘木 〜木目の美しい高級木材〜

お仏壇で使われる代表的な木材

仏壇公正競争規約に基づき下記のように品質表示をすることとなりました。

あ行

ウォールナットの例
■ ウォールナット(うぉーるなっと)
軽く柔らかい反面強度があり粘りもあります。
世界的に高級家具の材として使用されています。
槐の例
■ 槐(えんじゅ)
「延寿」という漢字をあてられ、古くから親しまれています。床柱や床框に使われます。

か行

花梨の例
■ 花梨(かりん)
家具や楽器などで良く使われます。肌目はやや粗く、木質は非常に重い材です。
桐の例
■ 桐(きり)
桐箪笥で有名な桐は非常に軽く、極めて熱伝導率が低い為発火しにくい材です。
楠の例
■ 楠(くす)
楠の葉からは湿布薬などにも使われる樟脳が採取されます。材からも強い芳香があり、虫害を防ぐ働きがあります。
栗の例
■ 栗(くり)
非常に硬く腐りにくい事から家具や指物に使われてきました。
黒柿の例
■ 黒柿(くろがき)
芯材が不規則で黒色の縞模様に濃淡があるものを「黒柿」と呼び、希少価値があり大変高価な材料です。
桑の例
■ 桑(くわ)
日本各地で自生していますが、三宅島など伊豆七島の桑材は「島桑」と呼ばれ、高級材とされています。
ケヤキの例
■ ケヤキ(けやき)
日本を代表する木材の一つです。「玉杢」「泡杢」など美しい木目は高額で取引されます。耐久性に優れていますが、十分に乾燥させないと「暴れる」ことがあります。
黒檀の例
■ 黒檀(こくたん)
代表的な唐木材です。非常に重く硬い材で、加工が大変難しいのですが、耐久性に優れています。
本黒檀(インド黒檀、真黒、縞黒檀、スラウェシ黒檀)と黒檀(カリマンタン黒檀、アマラ黒檀、マルク黒檀)に区分されます。

さ行

桜の例
■ 桜(さくら)
日本全国に広く分布し、反りや狂いが少なく加工が優れている為高級家具で使われます。
シカモアの例
■ シカモア(しかもあ)
「バーズアイメープル同様にメープルに縮み杢が現れる材のことを言います。
紫檀の例
■ 紫檀(したん)
高級家具や指物などで使われ、磨くと美しい光沢が出ます。正倉院宝物にもある古くから珍重された材です。 本紫檀:(パイオン、ココボロ、インドローズ)、紫檀:(ホンジュラスローズ、チンチャ、ソノケリン)、紫檀系:(パープル、ボリビアンローズ、グラナディロ、ブビンガ、パーロッサ)に分類されます。
シャム柿の例
■ シャム柿(しゃむかき)
「黒柿」の代用として「シャム柿」と名付けられたそうです。「黒柿」同様に不規則な芯材が特徴で磨くと光沢が現れ非常に美しい材です。

た行

鉄刀木の例
■ 鉄刀木(たがやさん)
「タガヤサン」と読みます。黒檀、紫檀と並ぶ代表的な唐木です。
本鉄刀木:(本鉄刀木、紫鉄刀木)、鉄刀木:(ウェンジ)
タモの例
■ タモ(たも)
北海道で多く産出されます。木目にムラが無く粘りがある加工しやすい材です。バットやテニスラケットに使われます。

な行

ナラの例
■ ナラ(なら)
虫に強く、硬い材で木目がハッキリしています。 斑が大きな虎の毛のような模様を「虎斑」と言います。
ニレの例
■ ニレ(にれ)
強度があり水に強く、腐食にも強い材です。 大部分が北海道産です。

は行

白檀の例
■ 白檀(びゃくだん)
最も有名な香木の一つとして、仏像や線香に使われます。インドマイソール地方で自生するものは「老山白檀」と言われ最も高価な白檀です。

ま行

メープルの例
■ メープル(めーぷる)
非常に硬く粘りがあり割れにくい材です。
玉粒状の鳥眼杢は「バーズアイメープル」と言われる非常に希少な材として有名です。

や行

屋久杉の例
■ 屋久杉(やくすぎ)
屋久島で自生する樹齢千年以上の杉を「屋久杉」と呼びます。それ以下は「小杉」。 現在伐採されていない為、「土埋木」が取引されています。

このページの先頭へ戻る