こだわりと特徴

職人紹介

仏壇仏具職人  〜丸三仏壇店を支える職人達〜

丸三仏壇店のお仏壇は98%以上が国産です。

〈銘木唐木仏壇製作 Y工房〉

こちらの工房では主に「薄板貼り唐木仏壇」を製作しています。
現在流通しているお仏壇は海外製仏壇が80%以上を占めている中で、「薄板張り唐木仏壇」を国内でこれだけリーズナブルに量産出来る工房はほとんど無いと思います。

1_ykobo.JPG  2_ykobo.JPG

左上は黒檀の厚板。右上は屋久杉の薄板です。この時点で数年乾燥させています。

3_ykobo.JPG  4_ykobo.JPG

乾燥させた材を機械を駆使し様々な形に加工します。

5_ykobo.JPG  6_ykobo.JPG

仮組みされたお仏壇は、再度しばらく乾燥させます。

7_ykobo.JPG  8_ykobo.JPG

部品毎に下塗りを施します。塗装のエリアに入ると塗料の独特なにおいが部屋中に充満していました。

9_ykobo.JPG  10_ykobo.JPG

下塗りを研磨していきます。研磨作業は非常に重要で、平均に削り隅や角をきれいに研がなければ、出来映えをも左右する重要な仕事です。

11_ykobo.JPG  12_ykobo.JPG

各部品毎に中塗り、仕上げの上塗りを施します。

13_ykobo.JPG  14_ykobo.JPG

左上は仕上げの塗装後、扉に丁番が入る溝を切る作業です。
右上は障子に紗を貼ったり金紙を貼ったりする作業です。

15_ykobo.JPG  16_ykobo.JPG

最終組立と検品作業。1ロット〇本という単位で製作する事で、価格を抑えることが可能です。

          17_ykobo.JPG

出荷待ちのお仏壇が倉庫に大量にありました。

こちらの工房は沢山の外注の職人さんとの取引があります。社長さん曰く「ほとんどの職人さんが当社専属の下請けの職人さんです。この職人さん達の手を空けないように様にするのも私の仕事です。」

18_ykobo.JPG  19_ykobo.JPG

20_ykobo.JPG  21_ykobo.JPG

22_ykobo.JPG  23_ykobo.JPG

24_ykobo.JPG  25_ykobo.JPG

最後に寄った塗装の職人さんが私に「塗料を替えてみたけれど削ってみてその違いが解るか?」と紙ヤスリを渡されました。
職人さんに言われる通りに紙ヤスリで削ってみましたが、恥ずかしながら私ではその違いが解りませんでした。
「この微妙な違いでも、研磨作業の効率、仕上がりの良さは違うんや」。
ニコニコと話す年配の職人さんに、少しでも良い物を効率良く作ろうする「影の努力」を見ることが出来ました。

          26_ykobo.JPG

日本の職人さんはまだまだ高い目標を持って「ものづくり」をしています。
海外での生産に頼らなくても、リーズナブルに良い仕事をしてくれる職人さんは日本中に沢山いるはずです。

このページの先頭へ戻る