こだわりと特徴

職人紹介

仏壇仏具職人  〜丸三仏壇店を支える職人達〜

丸三仏壇店のお仏壇は98%以上が国産です。

〈京位牌師T〉

現在、お位牌はインターネット等で安価に販売されている海外製品や、国内工場で大量生産され、新素材により均一のクオリティーを保っているお位牌が主流となっています。当店が自信を持ってお奨めしている最高級「伝統工芸位牌」は「総手作り」「本漆塗り」「ぬぐい粉」の拘りの逸品です。
T工房は現在数少ない手作り位牌を作る工房です。

1_ihaishit.jpg  2_ihaishit.jpg

主材は「紅松」。気取り後手鉋で木地を整えます。

3_ihaishit.jpg  4_ihaishit.JPG

全体の形が出来れば細部の「彫刻」に入ります。

大量生産品のお位牌には彫刻箇所が樹脂で出来ている物もあるようですが、T工房の職人達は代々伝わった文様を彫刻刀で一つ一つ丁寧に彫ります。先日私がお客様から注文頂いた細部の仕様変更も、快く応じてくれるので私にとっては非常に助かっています。

5_ihaishit.jpg  6_ihaishit.jpg

        7_ihaishit.jpg

「塗師」の手に渡ったお位牌の木地に「胡粉地(ごふんじ)」を施します。「胡粉」とは数十年風雨にさらした「イタボガキ」を粉砕し、水を加え良く練り石臼で細かくし、その後攪拌機にかけ天日で乾燥し再度粉砕した粒子状の粉です。

8_ihaishit.jpg  9_ihaishit.jpg

「胡粉地」の乾燥後砥石で研ぎ次は「半田地(はんだじ)」を施します。「半田地」は「砥の粉」「水」「膠(にかわ)」を混ぜた「胡粉」同様の下地材です。

お仏壇の下地材と同じ物で、京都山科で産出される「粘板岩」を砕いて出来る粒子状の粉です。京都の伝統工芸で「胡粉」や「砥の粉」は欠かすことの出来ない材料です。

10_ihaishit.jpg  11_ihaishit.jpg

        12_ihaishit.jpg

下地が固まると「下塗り」「中塗り」「上塗り」を施します。戒名を彫る札板は「蝋色師(ろいろし)」の手に渡り最高の艶をあげます。

       13_ihaishit.jpg       14_ihaishit.jpgのサムネイル画像

札板下の蓮華を「彩色師」によって「白蓮」「青蓮」などに彩色したお位牌も人気です。

15_ihaishit.jpg  16_ihaishit.jpg

漆塗りの工程後「箔押師」により金箔が押されます。(押す=金箔を貼る)金沢で製作された手作りの「縁付け」「一号」金箔を黒漆の上に一枚一枚丁寧に押します。仕上がりが「金箔押し」であればこれで完成ですが、「ぬぐい粉」の仕上げの場合は金箔を押した上に再度金粉を蒔きます。「金粉仕上げ」と言われる仏壇の大半は「直粉(じかふん)」と言う黄色のカシュー塗料の上に直接金粉を蒔く仕上げです。「ぬぐい粉」は一号金箔を押した上に再度一号金粉を蒔きますので、仕上がった金の色合いは非常に上品な物になります。

先に述べたように海外製か国内工場の大量生産品が9割以上になったお位牌ですが、T工房の伝統工法で作られるお位牌が、大切な亡き方のお位牌となれば最高のものとなる事は間違い有りません。

〜ご注意〜
お位牌は四十九日までにご用意されるのが一般的です。(浄土真宗は基本的に、教義上お位牌を作らない御宗派です。)しかし、T工房のお位牌は受注生産になりますので最低でも約1ヶ月要します。また、現在お持ちのお位牌に細部のデザインを合わせて作る事も可能ですが、やはり製作期間が長くなりますので、T工房の「伝統工芸位牌」をお作りになる場合、納期にご注意下さい。

このページの先頭へ戻る