こだわりと特徴

職人紹介

仏壇仏具職人  〜丸三仏壇店を支える職人達〜

丸三仏壇店のお仏壇は98%以上が国産です。

〈木地師G〉

京仏壇ではお仏壇本体を作る職人と、屋根を作る職人が別にいます。昔は須弥壇だけを作る職人もいたそうです。木地師Gさんは現在京都では唯一本体も屋根も一人で製作出来る木地師さんです。

         1_kijishig.jpg

性格なのでしょう、工房は何時伺ってもきちっと整頓されています。

         2_kijishig.jpg

木地師Gさんは高校卒業後師匠である親方の工房に就職しました。プラモデルなどを作るのが好きだったそうですが、最初から木地師を目指した訳では無かったようです。

         3_kijishig.jpg

20数年勤めた親方から9年前に独立しました。独立後一番最初の仕事が私がお願いした木製の菊灯だったそうです。

         4_kijishig.jpg

現在は伝統工芸士の資格も取られ、主に京仏壇、在家用宮殿、寺院用宮殿、須弥壇の製作を得意とされています。

         5_kijishig.jpg

海外製品の普及や原材料の高騰など、けして良いとは言えない宗教用具業界の現状の中、コツコツと真面目に仕事をされる性格と、30年以上の経験から生み出される仏具の木地は他を圧倒する程の仕上がりです。

このページの先頭へ戻る