こだわりと特徴

職人紹介

仏壇仏具職人  〜丸三仏壇店を支える職人達〜

丸三仏壇店のお仏壇は98%以上が国産です。

〈京仏師T〉

柔和なお顔立ちの仏様は見る人の心を和ませます。平成の現在、ご家庭の御本尊などでそのようなお顔立ちの御本尊が増えたように思われます。

京仏師Tさんは若くして鎌倉時代の仏師快慶を目指し仏師となりました。快慶作の阿弥陀如来のその眼差しは鋭く、見るものにより時に恐ろしくなることもあるそうです。

         1_kyobushit.JPG

京仏師Tさんは父を師として仏師の道を歩みました。幼少の頃から父の背中を見て育ち、高校在学中刃物を持ち仏像を初めて刻んだそうです。

           2_kyobushit.JPG

私は彼の研究熱心さに感心しています。古い仏像を修復するに当たって、先人達がどのような技術で仏像を製作したのかまで掘り起こし、その技術を吸収し修復しています。

         3_kyobushit.JPG

上の写真は欅材で菩薩像を彫っているところです。彼にとっては初めての欅の仏像だったそうで、相当苦労したようですが2年の歳月を掛けて見事に完成してくれました。

         4_kyobushit.JPG

京仏師Tさんには主にお寺で使われる仏像の新調と修復を任せています。
古来からの技法を学び現在に生かす仏師の隠れた努力は今後の仕事に役立つでしょう。

このページの先頭へ戻る