こだわりと特徴

職人紹介

仏壇仏具職人  〜丸三仏壇店を支える職人達〜

丸三仏壇店のお仏壇は98%以上が国産です。

〈金仏壇製作 T工房〉

「木地」「屋根」「彫刻」「塗り」「蝋色」「箔押」「蒔絵」「錺金具」「彩色」「仕立て」などの、各分野の職人の手が加わった豪華なお仏壇の事を通称「金仏壇」「塗り仏壇」などと呼ばれています。
丸三仏壇店が製作している「京仏壇」は100%京都伝統工芸士が伝統技法を駆使して作った拘りの「伝統工芸品京仏壇」です。

この「伝統工芸品京仏壇」は材料の吟味、惜しみなく掛ける手間の為、当然高価な「芸術品」となってしまいます。これでは折角「金仏壇」で祀りたいと思っておられる方々には、「高嶺の花」の存在です。

そこで丸三仏壇店では全国の職人さんと手を取り合い、宗派にあったお仏壇をリーズナブルな価格で正式にお祀り出来る丸三仏壇店オリジナルの「金仏壇」を製作しています。

         1_tkobo.JPG

土台となる木地が「木地師」と言われる職人から出来上がってきました。

         2_tkobo.JPG

下地を吹き付けます。

3_tkobo.JPG  4_tkobo.JPG

下地の研磨作業です。研磨後パテ埋めなどを何度も繰り返し平面をなめらかにします。

5_tkobo.JPG  6_tkobo.JPG

塗料の調整後ブースの前で吹き付けます。吹き付けるのはカシューナッツの殻から抽出される「カシュー」と呼ばれる塗料です。漆科の植物で漆の光沢に似た仕上がりになり、吹き付けすることの出来るのが特徴です。「合成漆」などと呼ぶ仏壇店さんもあります。(実際は漆を合成していません)

通常は「下地」「中塗り」「上塗り」で仕上がりですが、丸三仏壇店の金仏壇は一部のお仏壇を除き、「上塗り」後お仏壇正面に「本漆」を立塗りしています。

         7_tkobo.JPG

丸三仏壇店の金仏壇は店内で展示している以外は、職人さんの工房で中塗りまで終わらせ保管しています。お客様からの注文が入ってから「上塗り」「金箔押し」「金具打ち」「仕立て」をしますので、展示していないお仏壇を短期間で納品することが出来ます。

         8_tkobo.JPG

「屋根」「彫刻」などの細かな箇所の「箔押し」は手先の細い女性の方が得意です。逆に男性は戸裏や三方板などの力のいる広い面を中心に箔押しします。

         9_tkobo.JPG

決まった箇所に「鋲(びょう)」と言われる鍍金を施した小さな釘で、「錺金具」を打ち付けます。

10_tkobo.JPG  11_tkobo.JPG

最終仕立て後検品します。工房探訪の日に丁度当店が注文していたお仏壇2本が検品中でした。

国内で唐木仏壇同様にリーズナブルな価格で金仏壇を製作してくれる工房は非常に少ないのが現状です。丸三仏壇店の金仏壇は、お求めやすい価格のオリジナル金仏壇を職人さんの工房で製作し、「高級品」「伝統工芸品京仏壇」は自社工房にて製作しています。

このページの先頭へ戻る