こだわりと特徴

職人紹介

仏壇仏具職人  〜丸三仏壇店を支える職人達〜

丸三仏壇店のお仏壇は98%以上が国産です。

〈蒔絵彩色 E工房〉

T工房、I工房などの京型金仏壇製作工房内では出来ない「蒔絵」や「彩色」の工程をしていただいている工房です。

京都では「蒔絵師」「彩色師」は別分野になっていることが普通ですが、この工房では両方を請け負います。

京仏壇は「蒔絵」を描くのは「本漆」「本金粉」を多用し、「置き目」も伝統的な技法を使いますが、この工房ではスクリーン印刷やトレーシングペーパーなどで「置き目」をし、「カシュー」や「色粉」を使い価格を抑えながらも見栄えの良い仕上げをする努力をしています。彩色では天然の「岩絵の具」「水干絵の具」を多用することで最高級の「伝統工芸品京仏壇」となりますが、こちらも「蒔絵」同様にアクリル絵の具などで使用します。

1_ekobo.JPG  2_ekobo.JPG

図案や色調も少々京都とは違いますが、だからと言ってそれが悪い訳でなく、華やかで女性好みの蒔絵になっていますのでお客様からの評判は上々です。

3_ekobo.JPG  4_ekobo.JPG

5_ekobo.JPG  6_ekobo.JPG

このページの先頭へ戻る