スタッフブログ

2013年3月アーカイブ

巻障子と開山厨子の製作

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

早くも今日で3月も終わり、明日から新年度がスタートします。

昨日と今日で巻障子の建て合わせの準備と、開山厨子と須弥壇を仕上げました。

IMG_1838.jpg

IMG_1841.jpg

明日は午前中、滋賀県へお洗濯させていただく4尺巾の大型仏壇の引き取りと、午後からは大阪で障子の建て合わせに行きますので、かなりハードな一日になりそうです。
今日は早めに休もうと思います。

18:16 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

父の田舎へ

水曜日、お休みをいただいて、父の田舎へ行ってきました。
奈良県榛原区宇陀市・・・市と付いていても、かなりの田舎です。
父の従兄弟さんに、新しく作った位牌を配達するのと、
父方の墓参りを兼ねた訪問でした。

IMG_2141.jpg
近くには、奈良時代の歌人、山部赤人のお墓があるような、
とてもとても古い集落です。

ご宗派は融通念仏宗、位牌の配達が終わってお墓に行くと、
亡くなられた方が入られる墓石の前に、
傘と杖が刺してあったり、かまぼこ板ぐらいのサイズの板を、
2枚T字状に組んで、画鋲が6つ刺してあったりと、
色々、宗派によって作法が違うのだなと勉強になりました。

この日は、両親と合流して行ったのですが、
お駄賃として、地元の銘菓を貰いました。
IMG_21452.jpg
「たこぼうずもなか」
たこの形をした薄皮の中に、甘さ控えめの小豆粒餡がギッシリ詰まっています。
添加物無しで作られていて、足は早いですがとても美味しいです。
とても有意義なお休みになりました。

09:49 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

金仏壇の納品 その56

先日、山口県まで、金仏壇を納品してきました。
去年末、一度ご来店されて、ご自宅の地袋付き仏間と、
当店の地袋置用金仏壇の寸法を比べて、
3月のお彼岸前に再来店、ご成約いただきました。

IMG_9775.JPG
18号サイズのお仏壇を設置すると、見事なほどピッタリでした。
お客様、框より少しだけ背の高いお仏壇寸法を気にして、
自前でジャッキと、仮置き用の台を自作されてました。
何でも、自宅が傾いた時に、自分でジャッキを使って水平にしたそうです。
やはり、戦争を体験された年代の方は行動力が違います。

IMG_9776.JPG
お掛け軸は、今まで使っていた掛け軸をそのまま使い、
その他仏具は全て新調しました。
御文章は、大サイズを本山受けされたので、
御文章箱大と、台を経机横に置くよう飾りました。
遠方納品と言うことで、道順等色んな心配をしていただき、
ありがとうございました。


ちなみに、どこにも寄らないのももったいないので、
行きの山陽自動車道、宮島SAにて、厳島神社を遠目に見てきました。
IMG_9774.jpg
ちょうど、カップルの立っている向こうの島に、
厳島神社の鳥居があるそうです。
天気が良ければ、肉眼で見られそうですね。
事故も無く無事に遠方納品が終わって良かったです。

08:59 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

欄間の建て合わせ

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

DSCF3229.jpg

本堂は新築で仏具のほとんどを修復の場合、設計段階で沢山の打ち合わせをします。
今回は本堂の大きさが敷地の関係上、以前の本堂よりも少し巾が狭くなりました。
この為両余間の欄間、襖などの巾を縮めます。
しかも本堂のデザインや構造上から、どうしても入らない欄間が2箇所出来ました。
これを確認する為に昨日は建て合わせに行きました。
そして、やっぱり入りません。
何通りかの方法を現場で思いついたので、本日職人さんと再度打ち合わせし改善したいと思います。

07:55 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

厨子修復 その1

須弥壇製作の次は厨子の組立です。

DSCF3216.jpg

金箔押しの前に仮組みしてあるので組立自体はあっと言う間に終わります。

DSCF3228.jpg

唐戸の建て合わせさえ上手くできれば出来たも当然。
と、思ったら扉の金具の長さが合いません。
修復した際に長さの調整を間違えたようです。
急遽職人さんに戻して、やり直しです。

今から欄間の建て合わせに行って来ます。
うまく納まりますように。

07:36 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

須弥壇製作 その3

今日でお彼岸明け。
お彼岸前も忙しかったのですが、お陰様でお彼岸の最中もバタバタと。
そして、やっと本日須弥壇が無事仕上がりました。

DSCF3180.jpg

DSCF3200.jpg

中央の龍の彫刻は前の須弥壇の物を修復しました。
上下に入っている彩色の彫刻は田畑君が彫りました。
次は来週建て合わせをして欄間の組立です。

18:40 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

須弥壇製作 その2

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

暑さ寒さも彼岸まで。
お彼岸に入って暖かくなったと思ったら、今日は風も強く寒いです。

出張や納品などでなかなか先に進めない須弥壇の製作。

DSCF3177.jpg

本腰入れて最後の組み立て作業をしていますが、やり始めると来客があります。
以前御仏壇をお買い上げ頂いたお客様。(ブログを見ていただいてるそうで、ありがとうございます。また京都にお越しの際はご遠慮無くお越し下さい。)
毎日前を通る幼なじみの職人。(来ると1時間はしゃべって行くので困っています)
観光客の方々。
昨日は玄人(職人さんか仏具屋さん)と思わしき男性。
やたら詳しいのですが、でも素人だとおっしゃって。
今になって思うと、どこかで出会ったような?。
たまには息抜きに丁度良いのかも知れませんが・・・。

12:19 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

8年目に入りました

早いもので、今日3月20日で、
入社丸7年になりました。

昨日までで、私が相手をして、
お仏壇を購入していただいたお客様が、337組ありました。
入社一年目は販売していないので、
計算では週1組ペースになります。
本当にありがとうございます。

すっかり、おっさんになった自分を認識していますが、
8年目も、色々と頑張って行きたいと思います。
沈丁花.jpg

08:47 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

現代仏壇「キューボメープル」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、
「キューボメープル」を納品してきました。

IMG_9729.jpg
本体は、ほぼ34㎝四方の立方体で、
扉は跳ね上げ式、巾方向に場所を取らないデザインの現代仏壇です。
高さ1メートル程のチェストに設置。
色味もとても合っていますね。

IMG_9730.jpg
仏具は、クリスタル位牌のグローヴと、
ヴェネツィアンフォトフレームMSサイズ。
骨壺、お鈴と、とてもシンプルなお飾りになりました。
ありがとうございました。


「キューボメープル」
材質:メープル
高さ:34.5㎝
前幅:34.2㎝
奥行:34.0㎝
本体定価:¥178,500

08:23 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

金仏壇の納品 その55

先日、京都市内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

IMG_9735.jpg
半間より少し狭い、軸回し付き仏間に、
18号サイズの浄土真宗本願寺派(お西)用の金仏壇を設置しました。
この
「半間より少し狭い」
「軸回し付き仏間」
と言うのが今回のポイントでした。

軸回しは外さずに使いたいけど、
外さないと18号サイズのお仏壇は、キレイに扉が開かない。
そして、お仏壇のサイズは下げたくない。
なので、納品前に軸回しを一旦お預かりし、
30㎝程襖ごと奥に入るように改造しました。
これが思いの外上手く行って、
仏間用スダレを上から掛けて、とてもキレイに収めることが出来ました。

IMG_9736.JPG
掛け軸は、西本願寺様にて本山受け。
六角菖蒲の五具足に、組銅型の灯篭と、
仏具も最高級な物をお飾りしました。

無事に、お彼岸初日に納品が出来て良かったです。
ありがとうございました。

16:30 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

いつまで寒いんでしょ

日中は暖かくなってきましたが、
朝の寒さは、まだまだ真冬並み。
例年なら、2月末には、マイカーのフロントガラスは、
凍らなくなっていますが、今年は、
フロント氷.jpg
まだまだ凍ります。
3月中旬にもなって、走り出しが氷点下は寒すぎます。

明日から、春のお彼岸です。
暑さ寒さも彼岸まで。
その通りになるでしょうか?
明日からは、高級な金仏壇の納品が3日続くので、
気を引き締めて行こうと思います。

08:46 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

今回の出張はずっと煙っていました。

IMG_1777-1.jpg

先ずは新名神。
少し視界が悪いかなと思って良く見ていると、

IMG_1780-1.jpg

トンネル上の杉の木から大量の花粉が見えます。
テレビでは見たことがありますが、こんなに大量に花粉が飛び散っているとは思いませんでした。
花粉症ではない私もさすがに鼻がむずむずしました。

IMG_1784-1.jpg

次は東名東京インター手前。
これほど視界の悪い東京は初めてです。
夜のニュースを見て「煙霧」という言葉を初めて知りました。

IMG_1786-1.jpg

スカイツリーもこの通り。
次に寄った取手市内では学校のグランドの砂嵐であたり一面真っ白。

DSCF3126.jpg

がらっと変わってこちらは中禅寺湖。
すっきり視界も最高です。

DSCF3128.jpg

そして華厳の滝。

DSCF3129-1.jpg

良く見ると大量の水煙。

IMG_1805-1.jpg

最後は月山の地吹雪。
頂上付近は氷点下6度。

最終日、帰りの北陸道では横風にあおられ、今にも倒れそうなトラックを怖くて抜くことが出来ず。

花粉に煙霧、砂嵐、地吹雪などなど、今回は色々ありましたが、自然の力には勝てません。

07:51 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

現代仏壇「アナベルライト 1300」の納品

先日、滋賀県のお客様宅へ、
現代仏壇「アナベルライト 1300」を納品してきました。

IMG_9724.jpg
高さ130㎝サイズ、扉にブナの無垢材を使用した、
とても人気のあるお仏壇です。
掛軸は現代掛軸Mサイズ ウォールナット
回出位牌 ロッキー
見えづらいですが、過去帳台・輪台は、あかぼし
経机は睦月です。

IMG_9725.jpg
高さ40㎝程の椅子もお付けしました。
6畳の和室に設置しました。
良く似合っていると思います。
ありがとうございました。


「アナベルライト1300」
材質:ブナ・タモ・シルバーハート
高さ:133.5㎝
前幅:48.5㎝
奥行:44.5㎝
本体定価:¥456,750

13:25 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

須弥壇製作

昨日は黄砂だったようで、店内に砂が入らないよう朝から水まきをしました。



そして今日から須弥壇の組立です。

DSCF3119.jpg

襞金具も職人さんの手作りですので、ビシッと隙間無くきれいに合います。
一つ一つがうまく仕上がるとこれほど楽しいことはありません。

お仏壇もお仏具も製作する度に新たな発見があります。
「次に作る時にはここをこんな風にしたらきれいでかっこいいだろうなぁ」なんて考えながら製作しています。
既製品にとらわれず、いろいろチャレンジしていこうと思います。

18:17 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

梅田へお出かけ+お勉強

昨日の定休日、久々にプライベートで梅田まで出ました。
半年振りぐらいでしょうか、
大阪駅、梅田大丸、梅田阪急の工事が全て終わってからは、
初めてのお出かけ。

色んなお店に行きましたが、
お目当ての、某オモチャ屋さんと、某アウトドアショップさんでは、
新人店員さんが接客・レジをしてくれました。
私は、買い物する時は、その商品の知識をかなり蓄えてから買うので、
ちょっと試すような感じで、商品説明をしてもらった感じになります。
こういう時
「解らない事は、お客様に待っていただいても、解る他店員に聞いて対処する」
「解らない事は正直に解らないと答える」
「自信が無いからと言って、口ごもらずに、はっきりと喋る」
この辺が大事だと思います。
どちらのお店が出来て、どちらが全然ダメだったかは言えませんが。

外に出ると、高くそびえる梅田阪急ビル。
梅田阪急ビル.jpg
一時、施工会社の変更があって、工事が滞っていたようですが、
立派なビルに仕上がってました。

阪急三番街方面に向かって歩いて、
現代仏壇の八木研さん直営店、
ギャラリーメモリア大阪梅田に行って、
当店に無い展示仏壇の写真を撮らせていただきました。
やはり、こちらのお店での接客は抜群に良く、
とても参考になります。ありがとうございました。
当店みたいに、接客でバタバタ走らないよなぁ、と思いながらも、
それもお店の味だと思って、頑張って行こうと思います。

08:55 | 投稿者: 田畑 | コメント(0) | トラックバック(0)

現在ご本尊様お留守です

天台宗のあるお寺のご本尊。
歴史的に貴重だと言うことで、現在詳しく調査中だそうです。



ご本尊様が戻られる時に少しでも良くしておきたいと常花の新調を検討中です。




常花とは金属や木で作られたお花です。
金箔仕上げの蓮華が一般的ですが、彩色仕上げのザクロや牡丹など華やかなものもあります。

07:49 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

昨日はお昼前に大津市で打ち合わせと、お客様宅で灯籠の電装をLEDに替える作業を行いました。
2時過ぎに大津市内を後にして、次はお仏壇の洗いの見積もりに湖西道路を北上。

IMG_1766.jpg

真野を過ぎたぐらいから横降りの雪と強風。
2時間程の打ち合わせ後来た道を戻りますと山や畑には雪が積もっていました。

IMG_1770.jpg

京都市内もよく降ったそうですが、滋賀県とは大違いです。
京都市内では滅多に積もらないので、積雪を見ると少しワクワクします。

07:51 | 投稿者: 三浦社長 | コメント(0) | トラックバック(0)



前のページに戻る